実年齢より5〜10歳程度の若さを意識すること

いつまでも若さを保ちたいと思っている方は日夜アンチエイジングに頑張っていると思います。

 

 

そのためにやるべきことは色々あります。例えば肌の老化を防いでしわを防止したりするには日光は大敵。UVカットは常に意識しておくべきです。日光というと夏場を意識しますが、春や秋はもちろん冬場でも日光を避けるという意識は持っておくべきです。またダイエットなどで体型管理をすることも重要です。体重増加は若さを失う大きな原因となります。

 

 

それ以外にも髪の毛もエイジングにとって重要な要因となります。どうしても年齢と共に髪の毛の艶やコシが失われてきます。それを防いで若々しい髪の毛を維持できれば見た目がぐっと若く見えます。こうした、それぞれの要因は大切ですが、何といっても総合的に重要なのは人目を意識するということです。あなたの周りを見てもきっとそうだと思いますが、「もう自分は歳だから」と人目を気にしなくなると一気に見た目が老けてくるものです。やはり何歳になっても人目を気にして、意識を若く保つと言うことは重要なことなのです。これは常に人目を意識している芸能人を見ていればわかると思います。

 

 

女優さんなどは実年齢を聞くとびっくりするぐらい綺麗さを保っています。これは人目を意識することで得られる効果だと言えます。こうした若さを保つためには自分の意識年齢を実際の年齢より5〜10歳程度若く意識して生活をしてみましょう。そうすれば見た目年齢もそれに近づくはずです。そのためにはファッションのコーディネートもその年齢を意識したものにするべきです。

 

 

ただし、あまりに若作りをし過ぎると周りの人から痛い人と思われてしまうので、その点は注意しなければいけません。例えばアラフォー世代なのに二十歳前後のギャルを意識しても、それは単なる痛いだけの人になってしまいます。やはり、実年齢より5〜10歳程度の若さを意識することがコツと言えます。意識というのは自分を形作る上で予想以上に重要なものなのです。